×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電気スタンドとは・・・?

電気スタンドは、電気をエネルギー源とした電灯です。置き場所から、卓上に置く「テーブルスタンド」と、床や地面に置く「フロアスタンド」に分けられます。テーブルスタンドは、読書の明かりや、作業の際に手元を照らす用途に使用されることが多いです。フロアスタンドは、部屋の照明や、人物写真撮影時に被写体を照らしたりするのに使われています。電気スタンドと一口にいっても、金属製のもの、プラスティック製のもの、陶製のものなど材質は様々で、デザインも、至って簡易な量産品から、有名デザイナーが設計したもの、果ては自分で部品を組み合わせて作るキットのようなものまであります。また、付加機能も、時計の付いたもの、音楽再生機能の付いたものなどと様々です。多くの電気スタンドは電球や蛍光灯を使用していますが、白色LEDが開発されたことにより省電力なLED 式の電気スタンドも発売されています。新入学生が購入する学習机に組み込まれている場合も結構多いです。

目の健康を考えた光。目にやさしい電気スタンド、バイオライト。

バイオライトの光は、人間の目に最もやさしいと言われる“日の出30分後”の太陽光にきわめて近い特性を持っています。長時間デスクワークをされる方や受験生など、目の健康を守りたいとお考えの方にこそお使いいただきたい電気スタンドです。世界的に有名なバイオテクノロジーの林原生物化学研究所とヤマギワが研究開発した自信作の電気スタンドです。太陽光でも特に目にやさしいといわれる、日の出の光を手本にした照明スタンドです。優れた色の再現性と2,000ルクスの照度を実現し、しかもチラツキもカットしました。目の健康を第一に考えた、照明スタンド、バイオライト。我が家では、小学校4年生の息子がバイオライトの電気スタンドを使ってます。なぜか勉強が捗るそうです・・・。

目にやさしいバイオライト電気スタンドの特徴とは・・・。

一般の蛍光灯や白熱灯は、交流電流の影響で光のチラツキが生じます。このチラツキが目の疲労の大きな原因となります。バイオライトは、電流を安定した直流 点灯方式により、チラツキをなくしました。それにより、目の疲れを最小限に抑えてくれる電気スタンドLEDを使用してます。JIS規格では、読書に適した明るさを750ルクス程度を推奨していますが、読みやすさは明るさに比例しています。バイオライトは、約3倍の2000ルク スの照度を実現。明るいから、見やすく読みやすくなりました。視力の低下が気にならなくなりました。誰の目にもやさしい電気スタンドです。蛍光灯はスペクトルが不連続なため、特定の色が不自然に見えます。一方、白熱灯は、やや赤みがかかって見えます。バイオライトは、朝の太陽光と同じ、連続 したスペクトルをつくり、やや白い光なので自然で鮮やかな色が再現されます。色にこだわる方には最適な電気スタンドです。バイオライトとICインバーター蛍光灯、一般白熱灯の下で、読書を行い30分毎の視神経の疲労を測定しました。その結果、2時間後にはバイオライトに比べ て一般白熱灯は、約2,3倍、ICインバーター蛍光灯は、約4倍もの眼疲労度が出ています。朝の太陽光と同じ目にやさしい電気スタンドです。

Copyright © 2008 目に優しい電気スタンド!